食物アレルギー 湿疹 部位

食物アレルギーの症状ってどういうものがあるの?

スポンサーリンク

食物アレルギーと言えば、蕁麻疹のような湿疹がおこることを思い浮かべると思います。
また蕎麦アレルギーといったものですと、命に関わることもあるのですが、この食物のアレルギーというのはどのような部位に出ることがあるのでしょうか?
一概に、どの部位でるのかというのは、個人の体質などによりはっきりと断定はできないのですが、今回は、起こりうる症状に付いて説明をしていきたいと思います。
しかし、症状と言っても様々なので、当てはまらない部分もあるので、ご参照いただければいいかと思います。
皮膚に見られる症状

湿疹、赤斑、蕁麻疹、痒み、皮膚炎、急な腰痛、発汗
おむつによるかぶれやお尻などの局部に赤みが出る。
しもやけ、ストロフルス、血管が浮き出る

消化器系統で見られる症状

口唇炎、口角炎、口内炎、舌炎、吐き気、喉の腫れ
食欲不振、消化不良、下痢、便秘、嘔吐、下血、満腹感、血便
食道異物感、胃炎、過敏性大腸炎

スポンサーリンク

呼吸器系統に見られる症状

くしゃみ、咳、喘鳴、気管支喘息、気管支炎、呼吸困難
鼻炎、鼻水、蓄膿症、鼻詰まり、鼻出血
※喘息は急性喘息で重度の症状が出ることがあります。

泌尿器系で見られる症状

タンパク尿、血尿、頻尿、夜尿症、アレルギー性膀胱炎、ネフローゼ症候群

神経系で見られる症状

頭痛、片頭痛、めまい、意識が遠のく、頭がぼーっとする、視界がぼやける

目や耳で見られる症状

眼瞼炎、目の痒み、目のくま、充血、目が腫れる

循環器に見られる症状

血小板減少症、血圧の低下もしくは向上、
心拍数の変動、不整脈、動悸、胸痛、紫斑

そのほかですと、アナフィラキシーショックといった症状や痙攣、意識障害と言うこともあります。
実際にどの症状が、起こるかに関しては個人差によりわからない部分はあるのですが、自分のアレルギーに関わる物を摂取しないことが大事になりますので、日頃から、含まれる食品を注意するようにしてください。

スポンサーリンク