食物アレルギー 誤食対応

食物アレルギー症状を引き起こさないための誤食対応について

スポンサーリンク

食物アレルギーの原因となる食品は特別なものではなく、ごく一般的な食材で発症する方が多いです。
特に、卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かには食物アレルギー症状を引き起こす方が多かったり、また、その症状が重篤であったりするため加工食品では表示を義務化されてます。
ただ、毎食毎食、家で自炊したものを食べることは不可能に近く、保育園や学校で給食を食べることもあれば、家族やお友達と外食することもあります。
その時に気を付けなければならないのが食物アレルギーの誤食です。
家庭内では誤食対応について家族間で確認できていても、外ではどのような誤食対応をされているか分からないことも多いです。
給食でも、アレルギー対応用の食事を別に用意していたにも関わらず、おかわりをした際にアレルギー物質が混入した食品を食べてしまったというケースも発生してます。

スポンサーリンク

このため、家族に食物アレルギー症状をもつ方がいる場合は、どのように誤食対応をすべきかいろんなケースでシミュレーションしておく必要があるかと思います。
先ず考えられるのは、家庭内での誤食です。
加工食品に表示されていたとしても、子供にとっては分かりづらい内容もあります。
普段から、親だけでなく子供もアレルギー表示について勉強しておく必要があります。
また、外食する場合には、店舗内でアレルギー物質を把握しているか確認し、お皿やトングがアレルギー物質が入っているものと共有している場合は取り替えてもらう等の対応が必要かと思います。
さらに、学校や保育園では先生方と情報を常に共有し、万が一、アナフィラキシーショックを引き起こした際の対処方法をお互いに確認したおいたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク