食物アレルギー 症状 喉

食物アレルギーで起こる喉の症状

スポンサーリンク

食物アレルギーは主に食べ物に含まれるたんぱく質を身体が異物として反応し、個人差があるものの身体全体に様々な異変を引き起こします。
症状は主に皮膚、呼吸器、粘膜、消化器に現れます。
その中でも粘膜症状のひとつである喉への影響は見逃すことが出来ません。
症状は口の奥なので他の人からは分かりにくく、安易に考えられてしまいます。
また、本人も初期の段階では何となくいつもと違うけど大丈夫かなと見過ごしてしまいがちです。
しかし喉は呼吸に必要な気道があるので、食物アレルギーの症状を見逃してしまうと重篤な状態にも繋がる危険もあります。
周囲の人々も本人も喉の異変を放置せずに初期段階でしっかり対策を取ればそういった危険を避けることが出来ます。

スポンサーリンク

食物アレルギーによって起こりうる喉の異変は、口の粘膜がイガイガするような異変で気がつくことが多いです。
口内に異変が出た段階で喉でも同様の異変が起こっています。
その段階でアレルゲンの摂取を止めたり、うがいをしたり、抗アレルギー薬を摂取すれば進行を止められます。
異変を放置していると粘膜が腫れて気道が狭まり、オットセイのような聞いたことが無い咳や声枯れに繋がり、ついには声が出なくなってしまいます。
そして腫れが悪化すると気道を塞ぎ窒息するので迅速な対処が重要です。
食物アレルギーは体調不良の場合にも強く出やすいので体調が優れないときは無理をせず、初期段階の異変を放置しなければそれほど危惧する状況にはならないので、とにかく初期段階で対策するように心がけることが大切です。

スポンサーリンク