食物アレルギー 薬 種類

食物アレルギーの薬の種類

スポンサーリンク

食物アレルギーとは、特定の食べ物に対して摂取すると痒みやジンマシン、酷くなるとショック症状が出る事です。
食べ物のアレルギーが出たら、何が原因か検査をして、特定の食べ物を除去しましょう。
食物アレルギーは、出てしまう前に対処したり、出てしまった後に治療しますが、薬には大きく分けて3種類です。
有名なステロイドは、消炎鎮痛剤になり炎症を抑えたり、免疫抑制作用があるのです。
免疫抑制剤は、拒絶反応を抑えます。
そして、抗アレルギー剤として抗ヒスタミン剤です。
これは、アレルギーの起こる原因の食べ物の、ヒスタミンを抑える薬です。
細かくいえば、もっと種類がありますが、大体これらの飲み薬や塗り薬が使用されています。

スポンサーリンク

食物アレルギーは乳幼児に多く、大体は卵や乳のアレルギーです。
1歳前後に消える場合が多いので、1歳を過ぎても症状が出るなら血液検査で詳しく調べた方が良いでしょう。
ステロイドは、乳幼児には弱めの薬が出ますが、塗る量などは注意が必要です。
それ程ひどく症状が出ない場合は、プロペトやワセリンで肌の保護をする事が大切です。
食物アレルギーで肌が荒れると、乾燥するし酷くなると肌がポロポロと剥がれてしまいます。
プロペトやワセリンは、比較的に副作用などが出にくいので、お風呂上がりなどは、たっぷり塗りましょう。
ヒルドイドは、プロペトやワセリンより保湿効果が抜群なので、副作用が出ないなら、こちらのクリームの方が乾燥しないです。

スポンサーリンク