食物アレルギー 原因 妊娠中

子供が食物アレルギーになる原因は妊娠中の女性にあります

スポンサーリンク

妊娠中の女性はストレスを感じやすく、それが原因で生まれて来る子供が食物アレルギーになってしまう可能性があるのです。
妊娠中の女性はそれまでとは異なる心と体の状態になるため、イライラしたり自分の気持ちをコントロール出来なくなってしまいます。そもそもストレスの原因は脳の中にある視床下部という場所から出たホルモンによって、体内で次々に異なるホルモンや物質が分泌され、それが胎児の体にも循環してしまい、免疫を低下させます。
それは胎児をアレルゲンに過敏な体質にし、食物アレルギーをはじめとしたアトピー性皮膚炎、気管支喘息などの様々なアレルギー疾患リスクを高めるのです。
実際に、何らかのアレルギーを持っている子供は急増しています。

スポンサーリンク

では、そんなアレルギー体質の子供を作らないためには、どのような解決法があるのでしょうか。
まずは、ストレスを溜めないことです。
妊娠中の女性は自分に合ったストレス解消法を見つけるようにしましょう。
その他に大切なことは、母親の食生活です。
炭水化物・タンパク質・各種ビタミン・ミネラルなどを、バランス良く一日三食きちんと食べることが何よりも重要です。
その際には、塩分の摂り過ぎに注意し、出汁などを上手に使って薄味でも美味しく食べられる工夫をしたり、鉄分やカルシウム、葉酸を積極的に摂取し、カルシウムの効果を阻害してしまうリンを食べないように気をつけましょう。
このように、美味しい食事をしているとついつい食べ過ぎてしまうので、肥満には注意し、軽い運動を心がけるのが効果的です。
さらに、添加物のある食品や刺激の強い食べ物は摂取せず、アルコールは控えめにした健康的な食生活を心がけることが重要です。

スポンサーリンク