食物アレルギー 発熱

食物アレルギーには発熱などの症状がある

スポンサーリンク

食物アレルギーの症状の一つに「発熱」があります。
一番食物アレルギーで、症状が出やすいのは皮膚疾患です。
アレルゲンの原因である食物を摂取したあとに、蕁麻疹などがあらわれて身体中が痒くなる症状です。
また、痒くなるだけではなく赤くなり熱を持つ場合もあります。
他には呼吸困難になる場合もあります。
呼吸器も症状があらわれやすい場所で、苦しくなったり喉が痒くなったりと様々です。
これらはまだ軽い症状で、重篤なものになれば命の危険もあるのです。
ですから、子どもの場合などは親が気をつけて見てあげなければならないのです。
特定の食べ物を口にしたときに嫌がったり、急に発熱が出たら食べさせるのを止めて、お医者さんに診てもらうことが必要です。

スポンサーリンク

食物アレルギーと知らずに、アレルゲンの原因である物を食べた場合は緊急に対処しなければなりません。
食べてからすぐに症状が出るものと、しばらくしてから症状が出るものがあります。
すぐに症状が出る場合は、直ちに原因である食物を吐かせることが大事です。
吐くことによって原因が取り除かれるため、症状が軽くなる可能性もあるからです。
症状が軽い場合は様子を見て、お医者さん診てもらうことが必要になります。
また意識を失ったり、激しい発作になった場合はアナフラキシーショックを起こしている可能性もあります。
そのようなときは、緊急事態になるため救急車の要請が必要になります。
食物アレルギーは子どもだけではなく、大人にもあらわれるので、少しでも違和感があれば注意しておくのが賢明です。

スポンサーリンク