食物アレルギー 症状 検査 種類 湿疹

食物アレルギー.com〜症状、検査、湿疹、種類まで〜

スポンサーリンク

食物アレルギーと言うのは、みなさんもご存知のものだとは思うのですが、その症状というのは千差万別さまざまあります。
またこの症状で一番最悪の場合には命に関わることもあります。
ではこの食物アレルギーというのはどのようなものなのでしょうか?
食物アレルギーは、アレルギーの原因となる食物を摂取した後に体に蕁麻疹などを発生させるものです。
また症状というのも、様々な場所に現れて「皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、」時には「アナフィラキシーショック」を起こすということがあります。
不思議なもので、赤ちゃんから、食学生にかけては食物アレルギーの原因として多いのが、
玉子や牛乳という人が大半を占めている状況です。
これが、大人に近づくにつれ種類も変わってきて、甲殻類などいままで普通に食べていたものにアレルギーを起こすといったこともよくあります。
その後も、小麦、果物、魚介、木の実、大豆と原因となる物が増加していきます。
アレルギーを防ぐために国としても、食べ物にどのような食材を使用しているかアレルギーの転記をしています。この表示は見たことがあるかたが多いかもしれませんね!

スポンサーリンク

またこのアレルギー反応にかんしては、食べてすぐに症状が出る人もいれば、数時間経ってから症状が表れる方とがいます。
命に関わるアナフィラキシーショックを起こすものとしては「魚介類、ナッツ、ピーナッツ、蕎麦」が、非常に重症化することが多いです。
治療としては、アレルギーの原因である食べ物を体内から取り除く事が先決になります。
また幼児が特に食物アレルギーの患者が多いので、体を作るための栄養バランスについて心配をしなければいけないこともあります。全体的な治療に関しては、アレルギー反応を起こす食品を、問題がない程度の量で摂取して慣れていくというのが一般的に行われます。「アレルゲン免疫療法」という名称で呼ばれています。
食事を摂取したあとに、蕁麻疹や、発熱、嘔吐などが確認された場合にはアレルギーが原因の事がほとんどなので、検査を行うことが必然となってきます。
自分やご家族がどの食品に対してアレルギーを起こすのかを認識することで、アレルギー物質から身を守る事ができます。
しかし、ここで心配なのが、アレルギー物質を長期間あけた後に料理などで食べると、アレルギーの症状がかなり重い症状として現れることがあります。
そのため、たまにアレルギーの原因の食べ物を影響のない程度で食べる必要もあります。
また個人差によっては、ほんの数量でも重症になるほどの反応を起こすことがあります。
そのようなかたは、日常からアレルギー物質を遠ざけることと、食べ物に何が使用されているかを理解する必要があります。

スポンサーリンク